京都・滋賀のファイナンシャルプランナー。
資産運用・住宅購入・相続等のサポートをしています。

理想の将来、

幸福な生活に向けて、

顧客といっしょに人生を歩む

ファイナンシャルプランナー

「FP・フォートレス」が

家計のホームドクターとして

強力にサポートします。

実務家FP 住宅ローンの見直し編

最近、住宅ローンの見直し相談も増えています。
4~5年前に住宅を購入。
その時とりあえず返済額の少ない変動金利で住宅ローンを組んだが、
最近返済額が増えて、今後も金利は除々に上りそうで不安がある。

このままでいいのか?どうしたらいいのか?

今のローンで長期の金利固定期間を選択したいがかなり高い。
他行へ借り替えたら登記手数料など諸費用がかかる。

こんなご相談のときもやはり判断の決め手は、ライフプランからの分析です。

相談者の家計がどの程度、金利上昇リスクに備えるべきか。
キャッシュフロー表から、何年後に住宅ローンにメドがつくのかを推測し
何年固定にするか決めていきます。
その時、今の金利水準、今後の予想、過去の住宅ローン金利の推移などを
もとに判断します。

つまり自分の家計と外部環境(現在の金利水準)で何年固定を選択するか決めます。

ここまで決まれば、あとは金融機関との交渉です。
金融機関によっては、交渉に応じてくれます。諸費用などを含めた総返済額を
比較します。
銀行も競争が激しいので、借りる側の努力しだいで大きく変わります。

私達、独立系FPは金融機関に属していません。借りる側の味方です。

どんどん利用してください。